ワードビレッジ、2022年も販売好調

ワードビレッジ、2022年も販売好調

  • 05/12/22

ホノルルのダウンタウンとワイキキの間に位置する60エーカーのマスタープラン・コミュニティ、ワードビレッジのコンドミニアム販売が2022年初頭も好調であることが、ハワードヒューズ社の第1四半期業績報告書により明らかになりました。

 

それによると、10月にオープンしたワードビレッジの5番目のコンドミニアム、A'ALI'Iでは24戸の販売が完了し、コンドミニアムの販売収入は1960万ドルに達しました。A'ALI'Iは92.7%が購入済となり、残り55戸となりました。

 

また、9棟目のコンドミニアムであるULANA Ward Villageは、バーチャル抽選を経て、5月5日の時点で82.8%の先行販売を達成しました。

「ULANA Ward Villageの完成により、700戸近い予約住宅が迅速に供給され、ホノルルの中心部にカマアイナホームオーナーシップ(ハワイ住民の住居所有)の機会がさらに創出されます」と、ワードビレッジ関係者は発表しています。「このプロジェクトは、1億ドル以上の共有持分収益を生み出し、ハワイ州地域開発局の次世代にわたる手頃な価格の住宅供給計画を支援することが期待されています。ULANA Ward Villageはまた、新しいカ・ライ・オ・ククルアエオ公園の創設を通じて、近隣にオープンな緑地を追加する予定です。」とも追加しています。

 

ハワード・ヒューズ・コーポレーション・ハワイ事業部社長であるDoug Johnstone氏は、「私たちのコミュニティは、多様な小売店、公園、オープンスペースを備えた、真に歩きやすい街づくりにすべく、考え抜かれた計画を望んでいます。カカアコ地区でこのようなスマートグロースを推進し、ULANA Ward Villageに住む予定の700世帯のうち、620世帯以上に及ぶハワイ住民を歓迎できたことは、やりがいのあることでした」と述べました。

 

決算報告書には、まだ建設中の2つのタワーで14戸の販売を契約したことも記されています。6番目のコンドミニアムKOULAと7番目のコンドミニアムVICTORIA PLACEです。これらのコンドミニアムは、第1四半期にそれぞれ91.5%と99.7%の先行販売を記録していました。

なお、VICTORIA PLACEの最後の1戸が第1四半期終了後に販売され、同タワーは現在完売となっています。

 

さらに、2021年7月に先行販売を開始し、2022年後半に着工が予定されているThe Park Ward Villageは、現在88.6%が先行販売済とされているとのことです。

 

ハワード・ヒューズ・コーポレーションは、2022年のコンドミニアム売上高を6億5000万ドルから7億ドル、粗利益率を26.5%から27.5%と予想しており、予想されるコンドミニアム売上高は、第3四半期中にKOULAのユニットが閉鎖され、A'ALI'Iでの追加販売によってもたらされるとしています。

 

 

出典:Pacific Business News

Work With Tomoya

経験豊富な代理人として、また、個々のお客様に合わせたプロフェッショナルなサービスを提供しています。あなたの家探しの旅を始めるために、今すぐTomoyaにご連絡ください。

Follow Me On Instagram