ハワイ住居用不動産、賃貸料金も上昇中

ハワイ住居用不動産、賃貸料金も上昇中

  • 05/19/22

米国住宅都市開発省の50%家賃推定と米国国勢調査局のアメリカン・コミュニティ・サーベイのデータを用いた、家主向けオンライン賃貸物件管理ソフトウェアソリューションのステッサの最新レポートによると、ハワイでは2019年から2022年にかけて家賃の中央値が283ドル(12.6%)上昇したことが明らかになりました。

州全体の家賃の中央値は、2019年に2,243ドル、2022年には2,526ドルと価格が上がっています。

マウイ島のカフルイ、ワイルク、ラハイナ都市圏では、家賃の中央値は2019年の1,984ドルから15.5%上昇し、2,292ドルと308ドル高くなった。一方、ハワイ島のヒロでは、同時期に家賃の中央値が15.1%上昇し、1,611ドルから1,854ドルと243ドルもの差がつきました。

ホノルル市街地の家賃中央値は11.1%上昇し、2019年の2,429ドルから2,699ドルに上昇、270ドルの変化となりました。

地元の不動産管理者は、価格上昇を肌で感じていると言います 。ホノルルの不動産管理会社Marie Hansen Propertiesの社長Cheryl Kunimoto氏は、パシフィック・ビジネス・ニュースに対し、2020年に家賃が上がり始めたものの、2021年の後半には "非常に厳しい市場 "の中で劇的に上昇したと述べました。「2021年の第3四半期は、"大きなジャンプが見られた時 "です。需要が高すぎて、突然、広告を出すと(電話が)殺到するんです 」と彼女は言い、その時期に流入したものが価格をエスカレートさせたと付け加えました。Kunimoto氏は、「最後の四半期は非常に顕著だった」と語っています。

今年に入ってからも、賃料は上昇を続けているが、そのペースは現在落ち着いている。Kunimoto氏によると、ワイキキなど一部の地域の物件は、通常よりも高い金額で賃貸されているとのこと。また、西オアフでは、レッドヒルの状況が続いているため、今年前半に賃料が上昇したとのことです。「全体として、この1年間はどこも簡単に借りられたようです。」他に家賃を上昇させる要因は何でしょうか?との問いには、「コロナウイルスの大流行が続く中、リモートで仕事ができるため、島に住みたいという人が殺到した」とのことです。「ハワイに引っ越してきたばかりの人たちにも貸しましたよ」。

物件所有者は、家賃が上がる一方で、維持費も上がっているとKunimoto氏は言う。光熱費も、メンテナンスや改装のための材料費も上がっている。「家賃は上がっているが、コロナウイルスの影響や輸送状況、燃料費など、あらゆるものが上がっている」。

「あらゆるものが値上がりしているため、オーナーは物件を維持するために多くの費用を支払っているのです」。

 

 

出典:Pacific Buisiness News

Work With Tomoya

経験豊富な代理人として、また、個々のお客様に合わせたプロフェッショナルなサービスを提供しています。あなたの家探しの旅を始めるために、今すぐTomoyaにご連絡ください。

Follow Me On Instagram