高級住宅物件売買が引き続き好調、前年同月比152%を記録

高級住宅物件売買が引き続き好調、前年同月比152%を記録

  • 02/26/22

コールドウェルバンカーリアルティの新しい月刊ラグジュアリーレポートによると、オアフ島の高級住宅販売は1月に2021年の同月より52%も上昇したことがわかりました。

のMLSデータに基づいて作成されたこのレポートによると、2021年1月と2022年1月の両方で200万ドル(約2億3千万円)以上で販売された一戸建てとコンドミニアムは、2021年の23件だったのに対して、35件の高級住宅が販売されたとのことです。

1月に成約したこの35件のうち、17件は200万ドルから290万ドルの価格帯で、7件は300万ドルから390万ドルの価格帯でした。

 

400万ドル(約4億6千万円)以上の価格帯の住宅販売は、2021年1月の2件から2022年1月には11件と、450%という驚異的な伸びを見せたと報告書は指摘しています。

 

1月の高級住宅販売はダイヤモンドヘッド地区が6件と最も多く、ラニカイ地区とアラモアナ地区はそれぞれ3件の高級住居販売がありました。

 

なお、高級住宅の販売価格の中央値は、270万ドルから307万ドル近くまで14%も上昇しています。

 

一方、高級コンドミニアムの販売は、2021年の2件から10件と、前年同月比で400%増加し、エスクロー中(売買契約プロセス中)のコンドミニアム販売は、前年比10件から16件と60%増加しています。

 

 

報告書によると、1月にMLSに記録された最も高価な販売は、ラニカイの10ベッドルーム、8フル&3ハーフバス(バスルーム+トイレが8つ、トイレのみが3つ)の一戸建てで、ほぼ1090万ドル(約12億5千万円)で販売されました。

 

引用元:Pacific Business News

Work With Tomoya

経験豊富な代理人として、また、個々のお客様に合わせたプロフェッショナルなサービスを提供しています。あなたの家探しの旅を始めるために、今すぐTomoyaにご連絡ください。

Follow Me On Instagram