ハワイ、屋内マスク着用義務解除へ

ハワイ、屋内マスク着用義務解除へ

  • 03/9/22

この度ハワイ州知事であるDavid Ige知事は、ハワイでの室内マスクの着用義務化を3月25日午後11:59をもって解除することを発表しました。

ハワイは、現在全米で唯一、屋内のマスク着用義務化が続いている州です。同州は2020年4月に最初のマスク義務化を実施し、これまで約2年間に渡りこの政策を続けてきました。

この着用義務は、COVID制限の中で最後の主要なものであり、その終了は、"ウイルスとの共存 "を目指すパンデミックの新しい段階へ、州が動いていく上で大きなマイルストーンとなります。

イゲ知事は会見で「私たちは州を前進させ、COVIDとともに生きることを学ぶことを約束します」と述べました。

 

しかしながら、今回の屋内マスクの着用義務解除は、マスクが完全になくなるわけではないことを強調しました。

公立学校、刑務所、市バス、空港などでは、今後もマスクの着用が義務づけられるようです。民間企業もマスクを義務付ける権利があるとしています。

また、「患者が急増した場合には、マスク政策を復活させる用意がある」とも述べています。

 

 

これとは別に、州の教育局は、公立学校のキャンパスで生徒や教職員に屋外でのマスク着用が義務づけられなくなると発表しました。

この新ルールは水曜日に適用され、公立学校の子供たちは、休み時間や屋外で授業と授業の間を歩くときにマスクを着用する必要がなくなったということです。

 

 

今回の屋内マスク着用義務の解除の日、3月25日は、州の安全な旅行に関する規則(セーフ・トラベルズ・プログラム)が解除される日でもあります。

この規則は、10日間の検疫を回避するために、国内から太平洋を越えて到着した人はワクチン接種の証明かCOVIDテストが陰性であることを示す必要があるとするものでした。

※セーフ・トラベルズ・プログラムは国内からの旅行者が対象の規則であり、日本から直行便でハワイに渡航する場合はCDCによる規制を遵守する必要があるため、引き続きワクチン接種証明と陰性証明の提出が必要です。

 

 

ハワイはアメリカ本土の他の州と同じように、徐々にコロナによる様々な規制の解除へ進んでいます。

 

引用ーHawaii News Now

 

Work With Tomoya

経験豊富な代理人として、また、個々のお客様に合わせたプロフェッショナルなサービスを提供しています。あなたの家探しの旅を始めるために、今すぐTomoyaにご連絡ください。

Follow Me On Instagram